2007年08月11日

山本勘助まとめE〈山本勘助と「軍師」〉

 これは、散々言われていることですが、山本勘助は「軍師」ではありません。『甲陽軍鑑』でさえも、山本勘助を「軍師」としてはいないですし、だいたいこの時代に「軍師」という言葉自体がなかったようです。
 石川博氏によれば、享保6年(1721)に成立した近松門左衛門の浄瑠璃『信州川中島合戦』には、武田信玄の「軍師」として山本勘助が登場することを指摘されているので、この頃が「軍師」と言う言葉の上限と思われます。
 一方、『甲陽軍鑑』にも記載されている言葉で「軍配者」という言葉があります。勘助はこの軍配者であったので、軍師として見ても差支えないとする意見があります。しかしながら、軍配者は日取りや気の流れなどから合戦の吉凶を判断する人たちのことです。我々が想像するような戦術を主君に提案したり、軍勢の指揮などを主君に代わって執ったりするような人のことではありません。
 また、勘助を信玄の参謀であったとして殊更高い評価をあたえているケースがあります。しなしながら、勘助が参謀であるなら、軍議に参加する諸将(御譜代家老衆など)は全て参謀ということになってしまいます。
参考文献:
「「軍師」ではなかった」『山本勘助』平山優
posted by 天王寺屋 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 山本勘助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。